合同会社ミライ計画不動産 > 合同会社ミライ計画不動産のスタッフブログ記事一覧 > 境界標を明示する必要性

境界標を明示する必要性

≪ 前へ|土地の境界の明示について   記事一覧

境界標を明示する必要性

境界標はなぜ明示する必要があるのか・・・

今回は、このことについてお話ししたいと思います。


 

境界とは・・・その土地の所有する人ごとの堺で、境を区切る線を境界線といいます。


現在は土地の公示制度の発達や公示をすることの意義が広く知られ、公示することが一般的になりました。土地や建物である不動産の公示制度が、いわゆる登記というものです。


 

仮に自分の所有する土地の境界を超えて隣接所有者合意のもと利用し所有する場合は、境界を超えて利用している土地である隣接地を分割した部分の所有権を自分に移転します。


それらを登記することで、その土地を公示をしていることになり、その土地の所在する位置・利用状況・面積、所有を明示していることになります。土地を売る場合などは、相手もその土地の情報を得やすくなりますし、安心して取引をするための助けにもなります。


 

境界とは線(境界線)と点(境界点)で構成される土地の堺であり、境界点に境界標を設置することで現地においては、目視で現物を確認でき、登記など書面においては、現地の境界点の情報や境界点の位置情報などを土地図面等に記録し明示することで、他に明示できるものとなっています。



資産である土地の境界を明示する境界標も資産を明示するものであり、資産の一部である大切なものとなります。境界を明示する機会がある際は、是非、境界標の永続性(長年残る頑丈なもの)と視認性(だれからも黙認できる)にこだわってみるのも大切なことかもしれませんね。



 

土地境界のご相談はこちら


 

≪ 前へ|土地の境界の明示について   記事一覧
  • 学区検索
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    合同会社ミライ計画不動産
    • 〒714-0021
    • 岡山県笠岡市園井321-3
    • TEL/0865-61-4365
    • FAX/0865-75-9032
    • 岡山県知事 (1) 第005868号
      行政書士、宅地建物取引士、測量士補
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る